2015株暴落でも安心のお金を借りるキャッシングガイド

株価が暴落した時、お金に困ったら検討するべきキャッシングサイト情報

カードローン・キャッシング・ご融資なら創業41年のセントラルへ




はじめての方でもご来店不要で、即日お振込みの振込キャッシング!
オペレーターも女性だから安心!ご来店不要で即日お振込!
日本全国の皆様からのお申込みに対応いたします。
セントラルの金利は 4.80%~18.00%(実質年率)と明瞭安心。

s-check2-2

安心のパートナー、ハローハッピーは即日融資です!

kinyuu

ハローハッピーは、安心できるパートナーです。
あなたのお悩みお聞かせ下さい。
お電話FAXでもスムーズにご融資!
即日ご融資サービス(要審査)もご提供!
ご融資の事なら、是非ハローハッピーまでご相談下さい。

s-check2-2

消費者金融からお金を借りるメリット・デメリット

キャッシングが簡単にできるようになっていますが、その中心に存在しているのが消費者金融です。
今回は「消費者金融からお金を借りるメリット・デメリット」についてまとめておきましょう。
消費者金融は貸金業が改正されて厳しくなった以降、クリーンなイメージが強調されています。
私達の身近な存在になっているのではないでしょうか?
ですが賢く利用するためにはメリット・デメリットをしっかり理解しておきましょう。

■消費者金融からお金をかりるメリット
1番目は「融資までのスピードが速いこと」です。
「どうしても今日中にお金が欲しい!」と言う時でもすぐに借りることができます。
最近の申込はインターネットがメインです。
店舗に出向くこともありません。
書類を記入して郵送する手間もないのです。

とても簡素化されているのが特徴点です。
個人確認の為の書類もメールで添付すればOK!
電話で在籍確認がとれれば即日融資も可能です。

2番目は「銀行が営業していない時間帯でも融資してもらえること」です。
無人契約機を利用すれば日中の手続きができなくても大丈夫です。
夜間に受付してローンカードの発行までしてくれます。

3番目は「審査の基準が緩いこと」です。
融資のための審査基準が一般の銀行で融資してもらう場合と比較すると緩いです。
これは審査に通りやすいことを意味しています。

■消費者金融からお金を借りるデメリット
とても使いがってがよい消費者金融ですが欠点もあります。
1番目は「借りやすい反面、金利が高いこと」です。
借入期間が短ければそれほどではないですが、長期になればなるほど金利負担額が増えます。
できるだけ短期間で返済することが大切です。
そうでないと金利負担がどんどんと拡大してしまうことになります。

2番目は「借入金額が増えてしまうこと」です。
借りやすいことが裏目にでてしまいます。
ひとつの消費者金融で限度一杯まで借りて、返済のために別の消費者金融から借入する多重債務になる人もいます。
借りれる間はなんとなります。

ですが総量規制の法律ができて年収の1/3以上は貸付できないようになっています。
これによって新しく借入できず自己破産するケースも報告されています。
人生まで左右されてしまうので注意しましょう。

■まとめ
消費者金融からお金を借りるメリット・デメリットについてご理解いただけたと思います。
利用する場合には返済プラン・返済額を充分に検討しましょう。
無闇に借入を重ねることは避けてください。

ネットでお金を借りるメリット・デメリット

キャッシングがインターネットで普通にできる時代になりました。
今回は「ネットでお金を借りるメリット・デメリット」についてまとめておきたいと思います。

■ネットでお金を借りるメリット
なんといっても困ったときにいつでもお金が借りられることです。
店舗に出向くことなくシャッシングしてもらえます。
困った状況から簡単に抜け出すことができます。

審査から現金を手にするまでの時間がとても早いです。
大手の消費者金融や銀行のカードローンの場合は即日でも対応してくれます。
銀行が営業している時間ならば自分の指定口座に振り込んでもらえます。
わざわざ店舗に出向かないでいいので気分が楽です。

■ネットでお金を借りるデメリット
あまりにも簡単に借りれるので自分のお金だと錯覚してしまうことです。
店舗に足を運んで書類に手書きで書き込む手間をかけると「借金している」という実感がわきます。
ですがインターネットの場合は手続きが簡単なのでそんな意識が少ないです。
限度額のお金を自分のものと思い込むことがあります。

これも必要な金額だけを借りて返済をちゃんとしておけば問題にはなりません。
ですが余裕ができた感じで太っ腹になって使ってしまう人もいるようです。
便利な反面、管理できない人にとってはデメリットになるリスクがあります。

特に自分が返済しているお金がどうなっているのかわからないようになるとヤバイです。
返済の不安を感じてしまって精神的にも落ち着かなくなります。
自分の借金がどれだけあって返済がどれだけしなければならないのかは正確に把握しましょう。

■まとめ
インターネットでは返済シミュレーションをできるようになっています。
インターネットから会員専用ページにアクセスすれば自分の借金の状況もチェックできます。
こういったことが出来るのもインターネットでキャッシングするメリットですね。
上手に使うことでデメリットをできるだけ少なくしましょう。
限度額までならば、自由に繰り返して利用できるので使い方を間違わなければ大きな武器になると思います。

お金が欲しい時に宝くじを買うメリット・デメリット

お金が不足する人はキャッシングをする行為について比較的平気です。
そして、そういったタイプの人は概して宝くじが好きな傾向にあります。
今回は「お金が欲しい時に宝くじを買うメリット・デメリット」について考えたいと思います。

■宝くじの分配率は、大体50パーセントに設定されています。
長期的に見た場合には購入価格の半分は損をする仕組みになっています。
高額宝くじの平均的な人物像はどんな人なんでしょうか?
発表されているデータによると「数十年も宝くじを購入しつづけているリピーター」らしいです。
この結果を見たら「長期的に購入したほうが当選率が上がる」と思うかもしれません。

ですが、良く考えてみたら圧倒的にリピーターの宝くじ購入者の全体のシェアが多いだけです。
リピーターになれば必然的に当選率が上がるとは言えないのです。
分配率がここまで低いですから、一般企業や個人が宝くじを発行することは禁止されています。
現状は政府が独占体制で宝くじを販売しているのです。
「もっと分配率を上げるべき!」とか「儲けすぎじゃないのか?」と批判もあります。

■宝くじを購入するメリット
1番目は「宝くじの収益は社会貢献に役立っていること」です。
ある著名人が「宝くじは貧乏人に課せられた税金だ」と言ったそうです。
所得が低い人達は所得税が低かったり場合によったら無税だったりします。
ですが一発逆転を狙ってギャンブルや宝くじにお金をかける傾向があるのです。
だから、それらを税金の代わりに徴収しているという話です。

2番目は「宝くじの関連産業に従事する人達の雇用に役立っている」ことです。
これは宝くじだけでなく、競輪・競艇・競馬・パチンコのなどのギャンブルにも言えます。
大勢の人達の収入源になっていますが、お金が欲しい人が儲かる確率は極めて低いです。

3番目は「希望や夢を与えてくれること」です。
お金が欲しいときに宝くじを買うメリットはこれに尽きるのかもしれません。
現代社会は閉塞感が漂っています。
そんな中、「宝くじに当たれば全てが解決できるのでは・・・」と考えることで希望が持て何とか生活できる人も多いです。
実際にその夢の実現を手にする人は10万人に1人ほどの確率でしかありませんが・・・。

4番目は「他のギャンブルに比較した場合に中毒性が低いこと」です。
ギャンプルには中毒性があります。
中には全財産を注ぎ込んで破算してしまう人もいるほどです。
でも宝くじ中毒で破算した話はききません。

■宝くじを購入するデメリット
1番目は「他にお金を使う機会を無くしていること」です。
その現金を利用して自己投資をすることもできるでしょう。
またご家族との思い出作りに旅行にでかけたりします。

2番目は「叶わない夢や希望を与えてしまうこと」です。
現実的には10万人に1人しか当たらない確率です。
10万回宝くじを購入して1回しか当たらないのです。
「もしかして僕が当たるかも・・・」と錯覚を抱かせます。
その結果、努力することを止める人もでてきます。

3番目は「分配率が低すぎること」です。
敢えて分配率が50%の買い物をするよりも、他のものにお金を使うほういがいいです。

■まとめ
お金が欲しい時に宝くじを買うメリット・デメリットを考えて見ましたが、メリットの方が多いような気がします。
ですが、購入する人にとっては「お金がかかってしまう」デメリットはさけられません。
宝くじの収益金もどういった公共事業に使われているのか不透明であることも問題があるでしょう。

友達からお金を借りるメリット・デメリット

キャッシングには金融機関や消費者金融を利用する方法もありますが、友だちに借りる手もあります。
今回は「友達からお金を借りるメリット・デメリット」について考えてみます。
多くの人達が親族や友だちからお金を借りた経験はあるでしょう。

■友達からお金を借りるメリット
金融期間からのキャッシングと違ってキッチリと返済日を決めることは少ないです。
利息も付かないことが多いです。
安全性としては高い方法です。
手続きも要らないことがメリットでもあります。

■友達からお金を借りるデメリット
メリットはその程度ですが注意したいことはたくさんあります。
1番目は「トラブルの原因になりがちであること」です。
昔から「金の切れ目が縁の切れ目」と格言があります。
少額であったり当日や翌日に返せる場合を除いてできるだけ避けましょう。

2番目は「説教されたり怒られたりすること」があることです。
友だちに事情を話せば分かってくれるかもしれませんが、正当な理由がないと厳しいことを言われるかもしれません。
それは友情の証なのですが、最悪の場合は友情を失うことにもなりかねません。
貸した友だちのほうは「本当に返してくれるのか?」と不安になります。
約束通り返しても貸した側には「不安を感じた」記憶がイヤな思い出として残るのです。

3番目は「悪い評判が生まれること」です。
調子にのって何度も借金すると「すぐにお金を借りようとするヤツ」と烙印を押されます。
友だちの間でも評価が下がるリスクがあります。
お金を返してもそんなことですから、もしも返さなければとんでもありません。

■まとめ
どれほど仲の良い友だちでもお金が絡むとギクシャクします。
簡単に友情は壊れてしまいます。
安易に友だちからお金を借りることは避けましょう。

友だちから借金すれば利息がかからないと思っているかもしれません。
相手がお金にシビアな場合は借用書を作って金利をかけることもあるでしょう。
個人間の取引でも事前合意があれば金利をかけてもいいのです。
消費者金融よりも利息がかかる場合もあるので注意しましょう。

公開日: